LINK

車を持つ人でしたら承知していると思いますが、自動車税が徴収されます。

それでこの税金は、クルマの買い取り時に返還されるのです。

こういったことは実際やってみると直ぐに頭に入ってきますがこれから最初から順番に分かりやすく紹介しましょう。

一応記載すれば国内販売されている車に限らず外車も還付される対象に決まってます。

これは愛車もそうです。

車の所有者が支払うお金で車の排気量の大きさで決められています。

1リッターより低いのであれば29500円となり1リッターより上で1.5リッターまでが34500円です。

これからは500ccごとに5000円ずつ増えます。

この税は4月1日時点のオーナーが来年3月までの金額を払う義務があります。

先払いになるということですので勿論車を売ってしまって、オーナーでなくなった場合では前払いした分の自動車税は還ってくるということです。

この自動車税というのは前払いで年度内の金額を納付するから、その年度内に自動車を手放した場合には新たな所有者が自動車税を負担するということになります。

買取先が中古車買い取り専門店であれば、売却時に自分が支払いすぎた税額を返してくれます。

つまり所有権が移った際以後の自動車税は、入れ替わった所有権を持った人が払わなければなりません。

例えば自分が10月中に自動車を売却した時は11月から次の年の3月の間までの払った税金は還ってくるのです。

というのは前述の通り自動車税の場合は前払いであるという決まりからもわかります。

まとめると売却者は買い取った相手に払いすぎた税金を返してもらうということなのです。

個人的にクルマを手放す際に意外にこのような重要な事実に気づかない人がいますため、きっちり確認をとるようにすることです。

自動車税が自動車を売却すると還ってくるという事実をほとんど知っている人が少ないからと言って、それを隠す悪徳業者もいるのです。

こちらから自動車税の返金に関しての話題を出さなければ、全然自動車税のことに説明しないという場合もよく見受けられます。

なので自動車の売却をする時には、税金が返還されることの確認を忘れないようにしましょう。