LINK

現実にノートパソコンの前に座って、休むことなく上がったり下がったりしているマーケットを見てしまうと、売り買いをしたいという感情に突き動かされる人も多かったりします。ロコモア成分

しかし、不確かな思いでエントリーするのだけは避ける必要があります。スポーツベット おすすめ

分かっていると思いますが、相場は昼夜を問わず、いつでもいずれかの国の為替相場が関いているし為替レートもいかなる時でも、変動している。カイテキオリゴ ビオフェルミン

そうであっても、頻繁にエントリーをするとその分だけ損をするリスクが増します。冷凍 ギフト

当然、売り買いの回数を積み重ねる事で、次第に儲けられる確率が五分五分になるのは事実です。

でもその事実は「はっきりしない思いつきで取引」してしまうこととは別の問題です。

注文回数を積み重ねる意味というのは「ここはいける」と考える自信を得たうえでの売り買いの回数を積むという事です。

何となく、休む間もなく注文を繰り返すのとは明確に違います。

マーケットの戦いにi挑むにはよく考えてけじめをつけることこそが大事です。

「ここは勝てる」と思えた外国為替市場の時には迷うことなく所有ポジションを多くして覚悟を決めて利益を追求する。

「分からない相場でどう上下するのか予想できないな」と思った時は、ポジションをすべて諦めて何もしません。

これくらいのけじめがあったほうが、最後には注文は成功します。

外国為替市場の名言には「休むも相場」というものがある。

実に言葉どおりです。

FXとは常時売買ポジションを持つことが重要ではなく、どれも保持せずじっとしていることも事態によっては、必要です。

そうであるならば、いつ、休めばよいのだろうか。

第1に言われるのが先述した通り、これからのマーケットが曖昧で難しいときです。

今からどうなるのか判断できない時は考え無しで行動すると、自分で作り上げた筋書きとは逆方向に外国為替市場が推移してしまい損失を被ることになる。

そのため、こういった場面ではポジションを閉じ、そのまま何もぜずに様子をみるのが良い方法です。

次に、自分の健康状態が悪いときです。

体調と為替相場に影響ないと考える方もいると思いますが実は意外と影響を与えます。

体の調子があまりよくなければ外国為替相場のミスできない場面で正確な判断を下すことが出来ない場合が多くなります。

気乗りがしない時はトレードから目をそらす事も大事なことだ。